【TW】ミラ・イサック・ロアミニのリノベーション詳細情報判明!【ネニャフル学院放送部第8回】

注意
9月4日に実装されました。
AWS障害でTWが長時間インできず状態が続き、放送はやるのかとソワソワしていた人もいるのではないでしょうか。予定通り23日20時から2時間超のボリュームたっぷりの内容でYoutubeにて配信が行われました。

内容はプレイヤーの皆さんが想像していたとおり、ミラ・イサック・ロアミニのリノベーション情報についてです。削除されるスキル、追加スキル、変更UI、更にはTwitterで流れてきたあの噂(別枠)までしっかりと言及していました。

配信内容には、それぞれリノベ対象キャラの実機プレイも含まれてました。実機プレイがあると、来週実装に向けて予習にもなります。プレイスタイルの劇的な変化にも要注目。

キャラクターリノベーション第2弾詳細発表!ミラ編

ミラは、Episode1からティチエルとチームを組んでずっと行動している女船長です。SEEDで砲撃をぶちかまし敵を殲滅していく様はまさに海賊そのもの。音だけで砲撃がきたとわかるほどの圧倒的威力。これまでのミラは砲撃するにもかかるSEEDが固定だったので中にはお金かかるなと思っている人も多かったのではないでしょうか。

はたまた、火力を上げたいプレイヤーにとっては心のどこかでもうちょいお金つんでもいいから手軽に上がらないかとどちらにとってもモヤモヤでしたが、今回のリノベーションでどちらの願いも叶える形となりました。

このスライドは、以前にも【TW】ミラ・イサック・ロアミニの情報がついに揃う!リノベーションアップデート第2弾でお伝えした内容と変わりません。

削除されるスキル

既存の削除対象スキルは、気合、鋭い眼光、ダイスアタックです。いずれも完全削除というよりかは新スキルや既存のスキルを組み込んだ形になります。余計な心配ご不要。実装からなんだよこれ使えないということにはならないと思います。

リノベーション後のミラのスキル構成

まずミラのスキル構成は、シンプルに3つになります。一つは海賊系(HACK/DEX)、技芸系(DEF/HACK)、キャラクター系列「ミラ」です。

海賊系は、赤い射手の砲撃以外は、既存の効果を改良しています。またカードスプレーQはミラの緊急時の回復スキルです。ハイジャンプは見た目テレポートです。海賊のジャンプ力を表現したいことは伝わってきましたが、エフェクトが少々残念なことになってます。

ラッキーダイスは、レアドロップ率を上げるものですが、さらにボリスがいると6(=60%)しか出なくなります。後に紹介するマスタリースキルで出目の大まかな調整ができるようになります。

スキル一部詳細紹介

一番注目してほしいところは、鋼の心臓。本来であれば、硬直無視は鎧のSランクのランダムオプションでしたが、パッシブスキルとして硬直無視がつくようになりました。

また、回避率が上昇するアクロバティックは、敏捷補正があればあるほど命中とHACKが上昇します。

勝負師は、砲撃とラッキーダイスの費用が減少するので節約派ミラのプレイヤーにはぜひともルシアンを連れ回して歩いたりしてほしいですね。レア狙いはティチエル必須ですね。忘れずにボリスも。

追加されたマスタリースキル

ミラに追加されたマスタリースキルは、4つです。極限後であれば、どれも覚えている状態なのでさほど気にする必要はありません。

マスタリースキル取得レベルは、Lv50、Lv100、Lv150、Lv200、Lv250です。

グループ1

グループ1は、主にSEEDを消費する赤い射手の砲撃、ラッキーダイスがメインとなっています。

セルフコントロールでは費用を半額に抑え、アンティでは費用を倍にするかわりに攻撃力も倍になります。また付属としてラッキーダイスのサイコロの出目が1になる確率が減少します。多くのプレイヤーはこちらを選択することになりそうです。そして莫大なSEED対策も必要となってきます。

ポーカーフェイスではラッキーダイスの出目の調整だけになります。

グループ2

2つ目のグループは、ハイジャンプです。見た目はティチエルやクロエのテレポートと変わりません。想像ではジャンプをしながら移動するといったところでしょう。

スプリングは、ハイジャンプのクールタイムを削除して射程距離が増加。多くのプレイヤーはこちらを選択することになるでしょう。

バインドヴァイパーは、移動にプラスして周辺の敵を引き寄せます。クールタイムはそのまま残るのであまりメリットを感じません。

ヴァイパーズアイは、一定時間後方から攻撃するとダメージが増加するバフがかかります。ソロだとなかなか後方攻撃は難易度が高いので普通の狩りではあまり選択肢がありません。チーム戦で後ろに回り込んで使いましょう。

グループ3

3つ目は、ダガーストームです。エスケープとゲットオーバーとベノムティスに分かれてます。要所によっては使い所が別れそうですね。ゲットオーバーは、背伸び狩りのときに役に立ちます。もちろん装備ありきですが、もしものための命綱です。

注目していきたいのは、MAXどれくらい上昇するかです。

グループ4

4つ目は、技芸系スキルの「スパート」を変化させます。アドレナリン、グッドフェイス、リズミカルにわかれます。

実機プレイの様子

ミラ編は、58分00秒あたりから始まります。押すと該当時間に飛ぶようにしてます。

キャラクターリノベーション第2弾詳細発表!イサック編

イサックは、【TW】イサックももはや別人!?ネニャフル学院新聞で明らかになったリノベーション情報で少しお伝えしましたが、Youtubeの配信では詳細な内容が配信されました。

イサックがいるだけで敵にバフがかかったり、持続戦闘に特化した超人に進化した感じです。実機プレイでは、あまりポーションを使っていませんでした。格闘家はこうでなくては(笑)

削除されるスキル

ミラとは違って、かなりスキルが削除されます。といってもティチエルほどではありません。ミラと同様、削除されるというよりかは別のスキルに組み込まれて新しくなる方針です。イサックでも変わりませんね。

リノベーション後のイサックのスキル構成

新しいシエンとしてスタンス系とキャラクターシエン「イサック」の追加です。新スキルに公式サイトでもあった滅神乱舞とエネルギーフィールドもありました。

イサックは、系列によって装備する武器が違ってくるので、両方を使いこなすことは難しいです。どちらか一つを選ぶことは変わりません。また新用語としてダルクロイツの武術家が出てきましたが、このダルクロイツについては今まで触れてはこなかったので、彼のシークレットチャプターで明らかになるのではないかと独自予想をしています。

スキルの一部紹介

イサックのパッシブスキルは、もはや人間離れしています。まずは、ミラと同様イサックにもアンブレイカブルで硬直無視がありますが、イサックはさらに硬直無視に加え、HP33%未満になると被クリティカル率が減少します。が、ちゃっかりダルクロイツの武術家でクリティカル率は上昇し、さらに戦場の化身でイサックがいるだけで命中率を減少させるというもはや化け物に生まれ変わってます。

チームに影響を与えるのは、アナベルだけです。やはりそういう展開になりました。キャラクター系のシエンは相互作用がないことが明らかになりました。ミラはティチエルがいるといいですが、ティチエルはクロエです。相互作用も期待していましたが、ここが残念です。

パッシブスキルは、作成したときから覚えているのでLv1からこの状態です。イサックのやばさがにじみ出ています。

追加したマスタリースキル

イサックに追加されたマスタリースキルは4つ(×3)です。ミラと同様の個数です。既に極限が済んでいるキャラクターならすぐに全部使えると思うので気にしなくても問題ありません。

マスタリースキルの取得レベルは、Lv100、Lv150、Lv200、Lv250からとなっています。

グループ1:グロッキー

1つ目はグロッキー強化。選択肢は3つありますが、モラバンドが個人的に使い勝手がよさそうです。持続的ダメージはリーチェでもそうですが、結構助けられます。

グループ2:エネルギーフィールド

2つ目は、エネルギーフィールド。デフォルトでは金剛不壊(こんごうふえ)が選択されてます。3秒間無敵はやばすぎますね。どれも魅力的なマスタリーなので、選ぶのに苦労します。

グループ3(ランジエと同様一定レベルで習得か?)

文面からして、おそらくウィービング系列は、ランジエと同じようにスキル一覧にはないのですが、マスタリー専用といったところでしょうか。覚えたてでは持続的にSPを消費していくので、プレイするときには、ブロッキングがショルダーロールに変更しておくことをおすすめします。ブロッキングとショルダーロールの違いはダメージの軽減率と確率です。

グループ4:カウンターアタック

最後は、カウンターアタックの強化。攻撃力の増加と反撃(SP消費)と50%の確率でダメージを与える代わりに被ダメージ増加、最小回避率減少効果の三択。デフォルトはパワフルカウンターですが、そのままでもいい印象が見受けられました。

実機プレイの様子

イサックのスキル紹介は、1時間45分10秒から始まります。再生ボタンを押すと該当位置から始まります。ぜひとも予習に参考にしてください。

キャラクターリノベーション第2弾詳細発表!ロアミニ編

最後は、ロアミニです。Yotubeでは一番最初に紹介されてました。ロアミニは、ナヤトレイの姉で苗(びょう)族です。怪盗の設定があるので、回避よりのキャラクターであることは間違いありません。

大きく変わった点は、再振り時Lv1から可能になったことです。元々彼女にはマスタリースキルがありましたが、大幅な見直しになっています。

削除されるスキル

さすがエピソード3から登場しただけのことはあって、他のキャラクターよりも削除されるスキルが圧倒的に少ないです。マスタリースキルもアクションスロットも持ち合わせてるので大きな変更はスキルだけです。

リノベーションゴのロアミニのスキル構成

ロアミニは、新規に毒系とキャラクター系列「ロアミニ」が追加されました。呪術系はバフラーム、パウアトゥン、ア・プチはマスタリースキルです。また、毒系の基本技にポイズンダーツが追加されています。毒系も呪術系と同じ数のスキルがあるので、タイプをどちらにしようか悩みますね。装備は一つしかなく、基本INTが上がるのでどちらでもお好みのものを使えます。

一部スキル紹介

ロアミニのパッシブスキルも壊れ気味です。まずレアドロップ率が上昇し、被ダメージが減少中毒と暗黒の異常状態にはかからりません。さらには、死亡時も10分ごとですが、勝手に復活します。ペットの自動復活やルーンの復活よりもクールタイムが短いです。やばすぎる。

ロアミニがチームに与えるのは、今のところ妹であるナヤトレイだけです。彼女がチームメンバーにいるだけで自分とナヤトレイの攻撃力を上昇します。

追加されたマスタリースキル

ロアミニに追加されるマスタリースキルは全部で3つです。ロアミニは、開始レベルが200からなので数にも納得です。極限済みであれば気にする必要ありませんが、これから新規で作る場合は、覚えるレベルにも要注目です。

マスタリー取得レベルは、Lv225、Lv250、Lv275となっており、他の2キャラよりかは完成が遅い。

グループ1:ポイズンノヴァ/ベノムノヴァ/トキシンノヴァ

1つ目は、毒系列で新規に追加された3つのノヴァシリーズ。選択肢も非常にシンプルの作りです。持続時間増加のシングルオブステディか持続時間とクールタイムが減少するシングルオブフラッシュか効果上昇と霊魂消費のシンボルオブスピリットの3つになります。

グループ2

デフォルトは逼迫(ひっぱく)。設定すると街の中でも霊魂が取得可能。霊魂も最大で100個まで獲得できるように変更になってます。良心と怨念はカースエンドのダメージが増加しますが、怨念はさらにカースエンドを怨恨に変更して霊魂を消費することが条件となっています。

グループ3

最後は、おそらくランジエのマスタリースキルの同タイプのものかと考えられます。3つありますが、どれも悩ましいです。実装直後回避の位置がどのようになるのかによっても選択肢が違ってきます。実装後、手探りで試してみるしかありません。

バフラームは移動速度+10確定です。最小回避率、被ダメージ減少、DF・MR・最大HPが増加、攻撃ダメージとINTとスキル射程範囲どれも魅力的です。

実機プレイ

ロアミニの実機プレイは、20:02からとなります。上記の動画を再生すると該当時間から始まります。予習のついでにどうぞ。

 

参考

ネニャフル学院放送部第8回NEXON公式チャンネル

2 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください