10,000枚限定!NEXONプリペイドカードがWebMoneyから発行開始!あの箱が1個無料でついてくる!

オンラインゲームは、課金も魅力的ですよね。TWでは、宝箱の購入、アバターの購入、テイルズオープンマーケットでアイテム購入ができます。決済方法は色々あり、クレジットカードをはじめ、WebMoney等です。今回はそのWebMoneyから新規発行がされているNEXONプリペイドカードについて紹介していきます。TalesWeaverはじめ、メイプルストーリー、マギノビ、アラド戦記と名だたるゲームのマスコットキャラが目印となっています。TalesWeaverからはゼリッピがデザインされています。限定枚数10,000枚なので欲しい方は早めに申し込みましょう!

 

TWメンテ後に爆誕!WebMoneyのNEXONプリペイドカード

3月最初のメンテナンス直後に誕生したWebMoneyのNEXONプリペイドカード。NEXONの4大タイトルが映し出されもちろんその中に絶賛マーキュリアル洞窟のBOSSのステータス修正で大問題中のTalesWeaverもあります。

今回登場したNEXONプリペイドカードは、申し込んで自宅にカードが届いたら使用できるタイプのWebMoneyカードです。また、WebMoneyのアプリを持っていればウォレットに登録できます

カードのチャージ方法は、2種類あります。

  • ローソンやセブン銀行でチャージ
  • WebMoneyウォレットアプリ内オンラインチャージ

WebMoneyウォレットアプリを利用する場合は以下のアプリのダウンロードが必要です。(※別途アカウント取得、認証必要あり)アプリ内チャージを利用する場合はカードが届く前に認証を済ませておいてください。

アプリダウンロード

WebMoneyウォレット プリカで便利にキャッシュレス!

WebMoneyウォレット プリカで便利にキャッシュレス!
開発元:WebMoney Corporation
無料
posted withアプリーチ

 

WebMoneyNEXONプリペイドカードの登録方法

続いては、NEXONプリペイドカードの登録方法です。PC版では、癖があるので注意が必要です。

STEP.1:所定のURLにアクセス

まずは、NEXONプリペイドカードの申し込みサイトにアクセス。上記のサイトが表示されます。限定10,000枚です。申込期限が4月30日までなので欲しい方はお早めに。

STEP.2:スクロールして「お申込はこちらから」ボタンを押下

サイトを少しスクロールするとオレンジ色の「お申込みはこちらから」ボタンが目立つようにあるので、クリック。

STEP.3:メールアドレスを入力し個人情報の取扱をクリックしてから「同意のうえ、送信する」ボタンを押下

登録手順としては非常に簡単なのだが、PC版の場合、アドレスを入力しただけでは、「同意のうえ、送信する」ボタンが押せない仕組みになっています。アドレス入力後必ず個人情報の取り扱いリンクを押して目を通してから「同意のうえ、送信する」ボタンが押せるようになったのを確認してから押してください。

STEP.4:登録したメールアドレスで認証コードを入力し認証ボタンを押下

STEP.5:個人情報を入力して確認ボタンで登録完了通知を登録したメールアドレスで確認

続いては、個人情報を入力(氏名、住所等あり)して、間違いがないかどうか確認したら、登録完了ボタンを押してください。入力画面と確認場面は別に出てきます。間違いがあれば、前の項目に戻って修正を行いましょう。登録できたら、登録完了通知がメールアドレスに届きます。届けば、あとはカードが届くのを待ちましょう。

 

NEXONプリペイドカードでできること

このカードでできることはゲーム内アイテムの購入やサービス利用のWebMoney決済です。TalesWeaverなら、百花繚乱や月1回に販売される四字熟語シリーズの箱、テイルズオープンマーケットです。3月の下旬から16周年の宝箱も販売が予定されています。サービスの決済は電子書籍、動画配信サービス、音楽配信サービス、ツールやショッピングで利用できます。WebMoney=ゲームというイメージが強いですが、案外利用できるところが多いです。

NEXONプリペイドカードでついてくる特典(TalesWeaver編)

対象のプリペイドカードを申し込んで、3,000円以上ご利用があれば、TalesWeaverでは嬉しいプレゼントが用意されています。アバター箱「鏡花水月」が来年の4月まで1個ついてきます。当月分の利用分の特典は翌月に付与されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください