【TW】2019年の改変アップデート前のプレイヤーが回してるコンテンツ

2019年はダンジョンの難易度、キャラクターの育成についてかなりのメスが入る予定です。これまでTWには育成に関しても多くの不満点が残っていました。まとめてみると以下の通りです。

  • 復帰したもののなかなか装備が揃えられない・・・。
  • Lv260代あたりから急にレベル上げがしんどくなる・・・。
  • 2、3次覚醒はTwitterを見るとみんなは難なくできているイメージだが自分は全然できない・・・。

こういった不満が少なくなるかもしれません。改変前に今の難易度でプレイヤーがやっているコンテンツを聞いてみたぞ。もしこれから復帰するならゴール地点として設定すると道が見えてきます。

2019年プレイヤーが回しているコンテンツ

TalesWeaverには、1人で楽しむソロコンテンツ、みんなで楽しめるチームコンテンツがあります。今回はまだまだ人気のある4つのコンテンツを厳選してアンケートを取ってみました。対象になったコンテンツは以下の通りです。

  • スルトの力の根源
  • 封印の宮殿(H)
  • 忘却の地下墓所(N/H/Hell)
  • ティルカルラグ(C/SS)

第4位:封印の宮殿(H)

封印の宮殿は、実装以来多くのプレイヤーがチームを組んでこなしているコンテンツです。

特徴としては、Lv285装備品のへリアブラッド防具、アルカブラッド武器の素材が手に入ります。また、へリアブラッド、アルカブラッドはヘリアフォシル、真・アニマまたはアルカフォシルから進化して装備を入手するので、火力アップには欠かせない装備品です。多くのプレイヤーが宮殿に通い続けて完成させたセット装備品をエンリキア・アカド装備へ進化させます。

2019年の改変では完成されたへリアブラッド・アルカブラッド装備品が直ドロップするのかどうかも気になるところです。現に真・アニマ武器も含め以前は素材を合成して入手していましたが、今や当たり前のように、ドロップしています。装備品がドロップすると、当然のように素材の価値がなくなってしまいます。

第3位:忘却の地下墓所(N/H/Hell)

第3位は、2018年にEpisode3完結とともに実装された新規コンテンツ忘却の地下墓所となりました。Nはソロ、H、Hellがチームコンテンツとなっています。

これまでのレアドロップ品が結集してドロップするので、今後人気のコンテンツになりそうです。ただし、通うためには、まずレベルをカンスト(Lv300)させる必要があり、各種共通スキルを入れておかないと、MOB、ボスから瞬殺されます。

新規に実装されたコンテンツなので、改変ではどのような修正がされるのかは全くの未知数です。TalesWeaver史上最強の難易度を誇るので準備ができたプレイヤーから挑戦するのも大いにありです。

第2位:ティルカルラグ(C/SS)

第2位は、エンキリア防具品が手に入るティルカルラグです。NPCからクリア後報酬『アブリエンキラ』のクエストを受け忘れて、『しまった!』と思ったプレイヤーでも多いのではないでしょうか。

ティルカルラグは、ネルガル侵入前に中ボス(ウトゥ、イシュタル、アザク、ニモロイドV24)を倒した数によってランクが決まります。ちなみにCは中ボスを全員倒す、SSは中ボスを全く倒さないです。

2019年の改変では、クエストの受け忘れにも対応してくるのかどうかです。また、エンキリアに進化するまでのアブリケンキラの個数がどの程度軽減されるかにも注目です。ただでさえ、今の仕様はアブリエンキラがなかなか集まりにくいです。毎日やっていても1ヶ月の作業量は、真・エンキリアで必要なエリドゥ合金のドロップの確率と比べると割にあいません。ぜひともメスを入れてほしい部分です。

第1位:スルトの力の根源

第1位は、スルトの力の根源となりました。このコンテンツは、巨人族のアップデート絡みと同時に実装されています。ルールもシンプルで、どこかにあるスルトの力の根源を破壊するとゲームクリアです。さらに、ダンジョン内どこかにいるフレアから、精霊の魂含めさまざまなレアドロップが確認されています。

スルトの力の根源では、アナイス(守護精霊型)のみ調整が入っていますがはたして2019年度では他のキャラでも調整が入るのかが注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください