【星ドラ】命竜の刀と勇者の剣を比較してみようね

ドラクエの日2020

毎年恒例のドラクエの日から一週間ほど経ったわけなんですけど皆さんいかがお過ごしでしょうか?

今年も市村Pは当たり前のように壊れ装備を出してきてくれましたね。

もちろん僕は手に入れました(使命)

無償65000ジェムと有償3000ジェムで2本出せたので去年に比べたら大勝利でしたが今年は星神ガチャが手前にあったせいでジェムがない状態で星ドラの日を迎えた人も多かったはず。

私いいましたよね?(煽り)

そんなもんはいらない!勇者剣が最強!という酷い目に遭った人も某攻略サイト掲示板でちらほら聞くので両方握って振り回して感想を書こうと思いました。

今回の目玉は命竜の刀!メインスキルは「命竜抜刀斬」

比較の前に新しく実装された命竜の刀の基本情報は下記になります。

武器種
ステータス こうげき力+203 / 最大HP+30
得意モンスター ドラゴン系
とくせい 戦闘開始時攻撃力20%上昇
メインスキル  命竜抜刀斬
サブスキルスロット
超越こうか(14秒) スキルのCTが100%溜まる

メインスキルである『命竜抜刀斬』はCT18秒威力750%のイオ属性単体攻撃で攻撃後に自分のみ攻撃力を20%、素早さを30%上昇させてくれます。

そして超越効果はすごくシンプルでCTが100%溜まるのでもう一発撃てるようになるということ。

勇者の剣と比較しながら語るわけだけど普通に数値上で見るだけでも命竜刀の方が強いです。

(市村Pも勇者の剣を超えたと明言していましたしね)

 

武器としての評価

星ドラはユーザーは武器の器としての強さとメインスキルの強さの2つの観点から評価しています。

文句なく命竜刀は勇者の剣よりも攻撃力やスロット構成が強いです。

勇者の剣が勝っているかなと思うのはとくせいで???系のモンスター相手に1.1倍の攻撃力増加はやはり命竜刀でも勝てません。

それを差し引いても命竜刀の方が圧倒的ですがSランクスキルのサブスロットを にしてきたあたり運営側もこれ以上の武器を作るための余力を残してる感じはします。

メインスキルがイオ属性なので当然サブスロットの構成もイオ中心で行きたいところですが、補助特技Sにイオ属性がないのが問題で現段階ではダークマター(ドルマ)が一番マシな状態です。

こちらも時間と共にイオ属性補助特技Sが出てくると思うので勇者の剣の時よりうまく調整してるなぁと感心します。

器としては運営の下心は見えるものの、ドラクエの日の壊れ装備としては順当ではないでしょうか。

 

メインスキル「命竜抜刀斬」の評価

CT18秒威力750%のイオ属性単体攻撃はもちろんイオ属性最強(あってる?)でDPSも41.6%で戦闘時一度しか使えない系スキルを除いた中ではトップを誇ります。

イオ属性自体も全属性の中ではそこそこに弱点のボスが多いのでドルマのように出番が少ないことはありません。属性に関しては一番出番のあるデイン属性を得意とする勇者の剣のギガクラッシュに軍配があがります。

抜刀斬の後バイシと呼ばれる攻撃後に攻撃力アップが行われる点もギガクラッシュがもつ先バイシ(攻撃前に攻撃力上昇)の方が優れているのでスキルに関してはDPSの誤差レベルの上昇よりも属性と効果が勝りそうです。しかしながら、抜刀斬には後ピオラ(攻撃後すばやさ上昇)もついてるので絶妙に抜刀斬の方が上なのが使っていてもよくわかります。

 

まとめというか思うこと

結論を書くまでもなく命竜刀は是非入手してほしいよってことなんですが、去年の勇者の剣実装時よりも命竜刀を装備している人が少ない印象です。それだけ去年のほうがインパクトがあったことは間違いないんですが、今年は命竜のハンマーも現環境でまだついていけるので無属性で取り回しのよさもあって人気を二分しているのではと思います。

掲示板やTwitterではこのような壊れ武器ガチャ時は運営批判も多くなるのですが、今回はうまく調整してきたなーと私は評価しています。

壊れ具合は勇者の剣のほうが全然上だったのでスロット構成やメインスキルも併せて命竜ハンマーや勇者の剣に出番の余地を与えてる感じはします。(それでも命竜刀振り回すけどね)

最後に一つだけすごくすごく気になる事があります。

命竜刀の抜刀斬2積み時に抜刀斬を2回使用すると再度CTが貯まり始めるまでの時間(このゲームだとリキャストタイムっていうのかな?)出来るまでの時間が他のスキルより長い気がします。

リアルに集まって星ドラすることもあるんですが同じように感じていた仲間もいたのでこの記事を見て気になった方是非検証してください(他力本願)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください